ダウンロード

びお2010

  大晦日と蕎麦
» 868.5 KiB - 2010年12月27日
You do not have permission to download this file.
何かと慌ただしい年の瀬ですね。 今年も残すところあと数日。12月31日、大晦日が迫ってきました。 この時期、お蕎麦屋さんが繁盛しています。 一年の最後の日、みなさんは年越し蕎麦を召し上がりますか? 毎年、当たり前のように過ごしている大晦日ですが、大晦日とはどういう日であったのか、そして年越し蕎麦の由来、蕎麦についてなど、改めて見てみたいと思います。

  柚子 ― 晩秋から冬の日本の香り
» 843.4 KiB - 2010年12月12日
You do not have permission to download this file.
柚子の香りがうれしい季節です。 冬至の柚子湯も、近づいてきています。 独特の清々しい芳香、さっぱりとしたほどよい酸味。 香り高い柚子は、日本料理に欠かせない存在です。 古くから、私たちの暮らしの中に深く溶け込んできました。

  日本を代表する野菜、だいこん
» 824.7 KiB - 2010年11月27日
You do not have permission to download this file.
ほどよい辛みと甘み、淡白でどんな味にも合い、生でも食べられるし、さまざまに調理・加工もできるだいこん。私たちの食生活になくてはならない野菜です。 そして、だいこんは古来より、日本人にとってとても身近な、大切な存在でした。

  秋から冬の果物、りんご
» 1.2 MiB - 2010年11月12日
You do not have permission to download this file.
今、店頭にはさまざまな種類のリンゴが並んでおり、私たちの目を楽しませてくれます。シャリシャリとした歯ごたえ、ほのかな酸味とさわやかな甘味のバランスがよい、人気の果物です。 生で食べるほか、お菓子や料理の材料としても広く利用されています。

  星を眺める
» 366.2 KiB - 2010年10月28日
You do not have permission to download this file.
たくさんの星がきらめく夏に比べて、落ち着いた秋の星空。そんな星空も、都市部では失われてきています。星と星座とあかりのお話。

  家庭菜園、始めます。
» 2.2 MiB - 2010年10月13日
You do not have permission to download this file.
以前から興味があり、挑戦してみたいと思っていました。 でも、行動に移さないまま月日が過ぎていきました。 ある日、ふとしたきっかけが。

  秋の味覚、栗 。― 栗に関する知識から栗拾いまで
» 2.6 MiB - 2010年9月28日
You do not have permission to download this file.
栗は、秋の味覚として、特に日本人に好まれているもののひとつです。 野菜も果物も一年を通して手に入るものが多くなっていますが、生の栗は、今でも限られた時期にしか手に入りません。 栗の旬は9月〜10月。市場に出回るのはほんの短い期間。 旬の味を存分に楽しみたいものです。

  サメと心を通わせた男の海 フィジー
» 406.4 KiB - 2010年9月24日
You do not have permission to download this file.
マナ島のダイビングショップを経営する脚ノ好美さん。リゾートを訪れる人たちに海の話をして、気づかないうちにサンゴ礁を踏みつけたり、必要以上にサメを怖がらないよう、啓蒙活動をしています。ヨシさんがいまマナにいる理由、そしてこうした活動をしている原点、それが、伝説のダイバーと呼ばれた男、アピの存在でした。

  もうすぐです、中秋の名月。
» 1,021.4 KiB - 2010年9月13日
You do not have permission to download this file.
月は、秋を代表する季題として、古来、和歌や俳句にさまざまに歌われ、詠まれてきました。 単に「月」といえば、秋の月をさす、というほどです。 その秋の月の中でも、特別な月があります。 旧暦8月15日の夜、十五夜の「中秋の名月」です。 この夜の月は最も明るく美しいとされ、昔から、この夜に月見をする風習が盛んです。

  まだまだ楽しめる、枝豆!
» 939.9 KiB - 2010年8月28日
You do not have permission to download this file.
国産の露地栽培の枝豆が出回るのは初夏から秋、その中でも7~8月が旬とされます。となると、枝豆はそろそろ旬の終わり頃、「名残」の時期に入る頃といえるのではないでしょうか。 でも、一般的な枝豆より少し遅れて旬を迎える、今が旬の枝豆もあるのです。

  改めて、お盆。
» 1.2 MiB - 2010年8月13日
You do not have permission to download this file.
「盆と正月」という言葉があるように、正月と並んで重要視されてきた「お盆」。お盆の由来や供養のやりかたの紹介と、きゅうりとなすの精霊馬づくりにも挑戦。

  猫に学ぶ
» 222.4 KiB - 2010年7月28日
You do not have permission to download this file.
猫は天才だ。その心地よい居場所を見つける才には舌を巻く。冬の日だまりはいうまでもなく、安心な部屋の片隅や、夏には涼気のある影や風通しのよい場所をすっと選ぶ。ぼくらの設計はそんな居場所の心地や暖涼の具合をけっこう苦労して探しているのではなかったか。

  活き車海老、届きました!
» 1.4 MiB - 2010年7月23日
You do not have permission to download this file.
びおリニューアルの機会に奮発して注文したのは、活き車海老。 本来、天然ものは夏から秋にかけてが旬といわれている車海老。スーパーなどではあまりお目にかかることのない、生きている車海老。それが手元に届くという非日常。そう、まさに「ハレの日の旬」! なのです。

  青い海と日本人たちの夢 パラオ
» 559.9 KiB - 2010年7月12日
You do not have permission to download this file.
第二次世界大戦後、日本に代わってアメリカの信託統治領となったパラオ。しかし、戦後、青い海の美しさを発見し、観光開発を手がけたのもまた、パラオに魅せられた日本人でした。

  とうもろこしを炭火で。
» 1.1 MiB - 2010年7月7日
You do not have permission to download this file.
手に入れたのは、朝採りのとうもろこし。皮をむくと、ぎっしり詰まった、ツヤツヤの黄色い粒。 それを、炭で焼いて食べる。しかも塩味。 うまそうでしょう?

  カラス「考」――カラスは人間社会の写し絵
» 628.9 KiB - 2010年7月2日
You do not have permission to download this file.
カラスを好きな人はあまりいません。あの鳥の姿も声も不吉を感じさせ、群れをつくっていようものなら、何事かよくないことが起こっているのではないかと気を揉ませます。

  永田昌民さんに設計してもらった 仙台に嫁いだ娘の家。
» 549.3 KiB - 2010年6月27日
You do not have permission to download this file.
『住宅建築』が隔月刊になり、そのリニューアル第1号の特集として永田昌民さんの仕事が取り上げられ、そこに仙台に嫁いだ娘の家が載りました。この永田特集は、ほぼ一冊、永田ワールドで満たされていて、この建築家の魅力で横溢しています。

  薬効と独特の香りが魅力の「らっきょう」
» 348.3 KiB - 2010年6月21日
You do not have permission to download this file.
多くの地域では梅雨の最中で、蒸し暑い日々が続いているのではないでしょうか。 今回とりあげるのは「らっきょう」。くせがあるものの、薬効が魅力の生命力に満ちた野菜です。

  一坪里山をつくろう!
» 776.9 KiB - 2010年6月11日
You do not have permission to download this file.
リビングの前のデッキにつくった「一坪里山」です。草花の表情が手に取るように分かります。小さな池もあります。池にはメダカが泳いでいます。小鳥や蝶々がやってきて、秋にはトンボが顔を見せます。この生命ワールドを、あなたもつくってみませんか。

  田植えと御田植神事
» 901.2 KiB - 2010年6月6日
You do not have permission to download this file.
麦はこの頃、黄色く実り、麦秋を迎えます。一方、苗代では稲が次第に育ち、田植えを待っています。この時季に熟した麦を刈り取り、稲を植えたことから、「芒種」と呼ばれました。

   

 Page 1 of 2  1  2  »