【10/1〜2・東京】「木と太陽の設計術」秋の連続セミナー

 [2019年08月28日]

10/1(火)~10/2(水)に開催される、秋の連続セミナー「木と太陽の設計術」のご紹介です。

来る10月、町の工務店ネット共催によるセミナーが東京にて開催されます。
今回はテーマを A・B・C の3つに分け、連続して学べる充実の内容です。

共催:一般社団法人 町の工務店ネット・NPO法人 家づくりの会・LEXS研究会・一般社団法人 田園居住推進協議会(順不同)
協賛:株式会社新建新聞社・株式会社住宅産業新聞社・株式会社エープラス・丸天星工業株式会社・株式会社マツナガ・株式会社タニタハウジングウェア・日本ボレイト株式会社・ヤマイチ株式会社・BX TOSHO株式会社(順不同)

【連続セミナー その1】       
テーマA:中規模木造がおもしろい

   

5人のプロジェクトメンバーによる、発表と検討会
ムク材による架構術は、奥が深く、魅力に富んでいます。けれども、 日本では公教育で木造建築に重きを置いてこなかったため、期待は高いものの、実際には手を出しにくいのが実情でした。私たちはこれに風穴を開けるため、重ね材を用い、ベース構造と自由な架構法の組み合わせを図る、独自のシステムを発表します。

発表者:山辺豊彦(山辺構造設計事務所)、趙 海光(ぷらん・にじゅういち)、半田雅俊(半田雅俊設計事務所)、村田直子(MOON設計)、久保潤一(スタジオあさか)
講師:泉 幸甫(泉幸甫建築研究所)、西方里見(西方設計)、山辺豊彦、趙 海光、藤原昭夫(結設計)、松本直子(松本直子建築設計事務所)
ファシリテーター:小池一三(手の物語有限会社 / 町の工務店ネット)
開催日時:10/1(火)9:30~12:30
会場:建築会館ホール(定員200名)


【連続セミナー その2】       
テーマB:人と自然をつなぐ建築の未来形

   


建築・環境の第一人者5名の視点から、ローエナジーの未来形を多角的に解く
温暖化で雨量が6.5%も増加し、「気候の危機」が伝えられています。脱炭素の建築はいかにあるべきか? セミナーに結集した講師陣は、過刺激的な方法に依らずに省エネ性と快適性とデザイン性とを融合させ、これから真に求められるローエナジーの未来形を解きます。

講師:堀部安嗣(堀部安嗣建築設計事務所)、宿谷昌則(建築環境学・東京都市大学名誉教授)、小玉祐一郎(エステック計画研究所・神戸技術工科大学大学名誉教授)、荏原幸久(荏原ソフト&計測)、迫 英徳(シンケン)
ファシリテーター:真鍋弘(編集者・ライフフィールド研究所)
開催日時:10/1(火)13:30~17:00
会場:建築会館ホール(定員200名)


【連続セミナー その3】       
テーマC:泉 幸甫と田瀬理夫の緑の計画学

   


「Apartment鶉」見学から、都市・郊外の緑計画を徹底的に学ぶ
場所は目白に移り、泉 幸甫氏設計による建物を見学。
「その家は、その家の前を通る人の家でもある」という視座に立つことで生まれる緑のデザインを、今回は都市のど真ん中で実現した事例に学びます。
建築家 泉幸甫氏と造園家 田瀬理夫氏による喋り尽くしにご期待ください。

講師:泉 幸甫(泉幸甫建築研究所)、田瀬理夫(プランタゴ)
開催日時:10/2(水)10:00~16:00
会場:目白・自由学園(定員120名)


・参加募集の概要および資料はコチラ
・Webのお申込みフォームはコチラ

【注意事項】
・事前申込み。参加費の事前振込みが必要です。
・会場地図、詳しいプログラム、参加費ご入金先等は、参加お申込み確認後、Eメールにてご案内申し上げます。
・定員に達し次第締め切らせていただきます。

※本セミナーは工務店・設計者向けのイベントです。
【お問い合わせ】
町の工務店ネット事務局 info@bionet.jp
TEL. 053-570-9001 FAX. 053-570-9007