びおハウス

まず建築でやれることをやろう。
「びおハウス」は、これからの住宅に求められる考え方・設計の方法や技術要素を提案する、町の工務店ネットと建築家のチームのプロジェクトによるコンセプトハウスです。

日本の冬は、北ヨーロッパの寒さ

ベルリンの1月の平均気温は0.8℃。札幌はマイナス4.1℃、仙台は1.5℃です。日本は、結構寒い国なのです。
しかし、北海道で始まった高気密高断熱住宅が南下し、この十数年で日本の住宅性能は格段に進歩し、上手に太陽を取り込むと、それだけで小さなエネルギーで快適な温熱環境を担保できるようになりました。
びおハウスは、そのための建築的手法を駆使する一級の技術を用います。

日本の夏は、インドシナの蒸し暑さ

大阪の気温が、熱帯地域のジャカルタより高いことをご存知でしょうか。8月のジャカルタの平均気温は27.6℃、大阪のそれは28.4℃、日本の大都市は典型的な蒸暑地域です。
冬に「高性能な家」は、夏は内部発熱の影響を受け、一度入射した太陽熱は、部屋に篭って出てくれません。びおハウスは、独特な日射遮蔽法を用いて、まず建築でやれることを徹底します。

冬の日差しを住まいに取り入れよう。

冬の日差しを住まいに取り入れよう。

木陰の涼しさに抱かれるように――日射を遮る。

木陰の涼しさに抱かれるように――日射を遮る。

ケーススタディとして、「現代町家」「びおハウスH「びおハウスM」「びおハウスF」の、4つのシステムを、それぞれの建築家が考案しました。

現代町家

現代町家[趙海光]

明快な設計・構造ルールと、地域の因子を取り入れた、その地域の工務店だからこそ出来る家が、「現代町家」です。

びおハウスH

びおハウスH[半田雅俊]

スケルトンとインフィルのアイテムを絞り、工程のしかけによってコストダウンと高性能を実現した都市型プロダクト住宅です。

びおハウスM

びおハウスM[村松篤]

日本の民家に見られた自然との応答技術を、新しい解釈と現代の製品でデザインした上質な郊外型住宅です。

びおハウスF

びおハウスF[郡裕美]

家族に、わたしに、地球に、いつも、いつまでも陽のあたる家。性能と生活の両面の中心にある「F’Sリビング」が新しい提案です。

詳しいことは、「びおハウス」WEBサイトで!