【イベントご案内】4/18〜19 吉野の森を知る二日間・吉野材リノベーションと地域型住宅ブランド化

 [2012年04月06日]

クリックでPDFを表示します。

町の工務店ネット主催、新建新聞社共催による、吉野ツアーのご案内です。
町の工務店ネット会員以外の方もご参加いただけます。

ふるってご参加ください。

【主催】町の工務店ネット
【共催】新建新聞社
【日時】4月18日(水)11時〜4月19日(木)15時
【集合】JR新大阪駅
【解散】近鉄吉野駅
【参加費】35,000円/人(税別)
 ※18日のみ(懇親会・宿泊なし)の場合は、10,000円(税込)/人となります。
 申込書の空いたスペースに、その旨ご記載の上、ご送付ください。
【宿泊】湯盛温泉・ホテル杉の湯(奈良県川上村迫695)

吉野の「密植・多間伐・長伐期」の育成林業は、500年の歴史を持っています。1ha当り1万本植えて、250年掛けて100本に絞り込みます。吉野では200年材も間伐材です。

日本林業の知恵が凝縮され、また国によって、「森林・林業再生」が施策化される中で、今、吉野が取り組んでいることは、そのまま各地域の林業に影響を与えるものと考えられます。そしてそれは、これからの工務店の家づくりにも、大きな意味と価値を与えることでしょう。

国交省プロジェクトとして取り組まれた大阪の中古マンションの改修事例を見学し、吉野の山に分け入って森と道を見学し、道づくりの達人・岡橋清元(清光林 業会長)の話を聞き、そうして折しも満開の吉野の山桜を見よう、というプログラムです。

プログラム
  • 吉野材を用いた大阪の中古マンション改修事例(新建ハウジングプラスワン連載中)見学
    (設計/益子義弘東京藝大名誉教授・当日の案内 河合俊和)
  • 吉野の森づくり/多間伐林業と作業道見学
    新たに開発された「半製品」など吉野材説明会
    (講師/岡橋清元・小池一三・河合俊和・村田直子)
  • 地域型住宅ブランド化事業 ネットワーク結成と、新流通開始
    ・国交省へは、吉野材ネットワークとして申請されます。
    ・吉野ブランド材を、製材所価格で入手できます。
  • 吉野の山桜を見る
  • 申し込み

    お申し込みは、以下PDFにご記入の上、FAXにてお願いいたします。

    吉野の森を知る2日間 ご案内・お申し込み用紙